背景

クロモジは、日本全国に自生する日本固有の植物で、古くから垣根や高級楊枝にも利用されている身近な植物のひとつです。その清々しい香りは森の中で癒し効果を担ってきました。その一方で、アカマツなどの根元に生える雑木として扱われ、森林整備の際には処分されてきたという一面もあります。
近年、ナチュラル志向の高まりとともに、お茶としたり、精油(アロマオイル)の原料としたり、クロモジを活用しようとする動きが日本各地でみられます。
機能面でも科学的な研究成果が表れていることから、天然の健康素材としても脚光が当たり始めました。クロモジにはポリフェノールなどの健康成分が豊富に含まれ、精油にはリラックス効果があることも知られています。また、そのエキスには抗ウイルス作用があることが確認されています。
文化、産業の両面からクロモジの価値を再発見する機運が高まっている今、それぞれの団体が持つ知見を寄せ合うことは、お互いの持つ資産の活用につながると考えます。

目的

本研究会は、「薬木」もしくは「和製ハーブ」として再発見されつつあるクロモジの種類や生態、機能性や利用性に関する研究成果、事業活動などに関して、広く一般に認知・普及させ、クロモジ資源の保護とクロモジ産業の発展に寄与し、人々の健康増進に貢献することを目的とします。

活動

本研究会は、上記の目的のために、会員にむけては最新の健康機能などに関する研究成果、生産・製造・販売に関わる活動情報の提供と共有を進めます。また、一般の方々には「古くて新しい」クロモジとその製品、里山の魅力を発信し、クロモジの認知と理解を広めます。

会員

2019年7月現在(アイウエオ順)

会員 (2019年7月現在 順不同)

■研究団体
 (株)アンチエイジングバンク
 愛媛大学医学部附属病院
 千葉大学園芸学部 再生生態学研究室
 同志社大学生命医科学部糖化ストレス研究センター
■自治体・森林組合など
 海士町(島根県)
 伊那市(長野県)
 岡谷市湊財産区(長野県)
 きさらづ里山の会・クロモジ部会(千葉県)
 駒ヶ根市(長野県)
 新発田市(新潟県)
 田野畑村(岩手県)
 田野畑村森林組合(岩手県)
 長野県上伊那地域振興局
 根羽村森林組合(長野県)
 宮川森林組合(三重県)
■一般企業・法人
 (株)小谷穀粉
 乃し梅本舗 佐藤屋
 (株)日本橋さるや
 社会福祉法人だんだん さくらの家
 農林生産法人(有)ポニーの里ファーム
 養命酒製造(株)
 一般社団法人 和ハーブ協会